熱中症 昨年は高齢者が半数 高血圧・糖尿病でリスク増
水分量、医師と相談/体重測定、脱水防ぐ

2019/5/29付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本各地が記録的な猛暑に見舞われ、熱中症のリスクが高まっている。特に注意が必要なのが高齢者だ。高血圧や糖尿病などの慢性疾患を抱えた高齢者は「熱中症弱者」ともいわれる。毎日、体重や体温、血圧などを測って体調を整えたり、持病や自分の好みに合わせた水分補給の仕方を見つけたりすることが重要だ。

「ちょっと部屋の中が暑いからエアコンをつけましょう」。4月中旬、介護福祉士の竹本綾さん(45、仮名)は90歳の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]