/

この記事は会員限定です

《ビジョン》 ヘンシュ機構長

国内外の研究者、交流する拠点に

[有料会員限定]

脳の研究では国際協力が欠かせない。東京大学は脳の複雑な機能をコンピューターで再現する研究に強みがある。海外は実際に人を対象とした研究を進めやすいなどそれぞれの特徴がある。膨大な量のデータ分析や様々な人種間の比較など、海外と連携する研究が重要になる。

国内外の研究者が交流しやすい拠点を目指している。ニューロインテリジェンス国際研究機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン