/

この記事は会員限定です

スズキ 完成検査不正、鈴木修会長は1年無報酬

社長、半年間は半減

[有料会員限定]

スズキは28日、新車を出荷する前の完成検査の不正に伴い、役員の報酬の減額などを行うと発表した。鈴木修会長は本人の申し出で7月以降の1年間は無報酬とし、鈴木俊宏社長は賞与を辞退して半年間は月額報酬を50%減額する。スズキでは2016年にも燃費測定で不正が発覚しており、6月1日付で再発防止のための組織を立ち上げる。

鈴木会長と鈴木社長ら代表取締役と取締役は18年度の賞与を辞退する。7月分以降の月額報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン