すし店、多言語自動応答システム

2019/5/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

宮城県を中心にすし店「うまい鮨勘」を展開するアミノ(仙台市)は、東京都とマレーシアの計3店舗に人工知能(AI)が多言語で自動応答するチャットボットを導入した。外国人への対応を円滑にすることで、顧客満足度を高める。

多言語コミュニケーションツールを手掛けるアクティバリューズ(東京・渋谷)のチャットボ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]