藪中三十二・元外務次官 日本のイラン仲介評価

2019/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

藪中三十二・元外務次官 トランプ大統領が共同記者会見で、政権内の強硬派が言うようなイランの体制転換は「考えていない」と明言した。日本の姿勢と平仄(ひょうそく)が合う。安倍晋三首相も戦争は避けるべきだと発信したのもタイムリーだった。米イランの仲介を狙う日本の外交姿勢は高く評価できる。

トランプ氏が改めて日本人拉致問題に強い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]