2019年6月18日(火)

国交省、重要道の電柱 強制撤去 防災強化、制度創設へ

2019/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国土交通省は災害時の物資輸送に重要な道路を対象に、電力会社や通信会社に電柱を撤去させる新たな制度を設ける。重要区間を指定し、10年間の猶予期間終了後は道路の利用許可を更新しない。これまで電柱の新設を制限する仕組みはあったが、すでにある電柱を強制的に撤去させる制度は初めてだ。

道路の防災対策(総合・経済面きょうのことば)を強化する一環で、地震などで倒れた電柱が道を塞いで被災地の救助や復旧を遅らせる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報