がんゲノム医療への保険適用 遺伝子情報提供を条件に

2019/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省はがん患者の遺伝情報をもとに最適な薬を選ぶ「がんゲノム医療」について、検査で判明した遺伝情報などを国立がん研究センターに提供することを条件に保険適用すると決めた。2019年中には保険診療が可能になる。データが集まる仕組みを作ることで治療の精度向上や創薬に生かせるようにする。

中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会で了承された。

がんは遺伝子の変異をきっかけに発症する。遺伝子変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]