4県企業の休廃業・解散4.9%減928件 昨年度

2019/5/25付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

四国4県に本社を置く企業の2018年度の休廃業・解散は、前年度比4.9%減の928件だったことが、帝国データバンク高松支店の調査でわかった。景気の緩やかな回復に加えて金融機関などの事業承継支援が奏功したのではないかと同支店は分析している。

業種別にみると、建設業が263件と最多で、サービス業214件、小売業168件と続いた。前年度と比べると小売業が23件減、卸売業が17件減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]