/

この記事は会員限定です

経営者高齢化で廃業急増

個人の小規模M&Aも一手

[有料会員限定]

中小企業庁によると、2025年までに中小・小規模事業の経営者で、平均引退年齢である70歳を超えるのは約245万人に上り、うち127万人は後継者が未定。このままでは廃業が急増し、25年までに累計で約650万人の雇用と約22兆円の国内総生産(GDP)が失われると試算する。

後継者不足に対処するため政府は18年度、中小企業の事業承継の際に後継者に移す株式について贈与税・相続税の納税を猶予する事業承継税制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン