令和の新老人 久間十義

2019/5/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ぼうっとしているうちに平成が終わり令和が始まった。昭和(戦後)生まれの私は現在満65歳になる。恥ずかしながら、うかうかと時を過ごしてきた感は否めない。

20年前、まだ40代半ばだったとき、65歳は充分(じゅうぶん)年寄りに見えた。というか、当時の私は65歳の方々を一仕事終えた老人と思いなしていた。あとは余生を過ごすだけの「一丁あがり」の人たちだ、と。

しかし自分がその歳になって、大変な間違いだと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]