2019年6月19日(水)

経済教室米中貿易戦争の行方(下)技術覇権巡る対立 長期化も
森聡・法政大学教授

2019/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中協議が不調に終わり、両国は互いに圧力をかけ合いながら協議を続けることになった。米中対立の本質は貿易や為替でなく、技術覇権を巡る争いにあるため、対立は長引くという見方が広がりつつある。

ワシントン(米政権中枢)は、オバマ政権2期目のころから対中認識を徐々に硬化させ、トランプ政権は2017年12月に出した「国家安全保障戦略」で、中国が米国の安全と繁栄、そして影響力を損なおうとする「修正主義国家」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報