2019年6月17日(月)

特殊詐欺事件、暴力団トップ責任認めず 東京地裁、水戸地裁と逆の判断

2019/5/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

暴力団住吉会系組員らによる特殊詐欺事件の被害者が住吉会会長らに計1950万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(伊藤繁裁判長)は24日、詐欺グループの組員に1100万円の支払いを命じた。会長らの使用者責任は「住吉会や構成団体の威力を利用して行われたとは認められない」などとして、暴力団対策法と民法の両面で認めなかった。

2008年施行の改正暴対法は、暴力団組員が資金を獲得する際に組織の威力を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報