2019年6月25日(火)

シャープ、米向け複合機生産を移管 追加関税なら、中国からタイに

2019/5/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

複合機大手が米国向け製品の生産を中国から移管する動きが広がってきた。シャープは今夏以降、米国向けの複合機生産をタイに移す方針だ。京セラもベトナムへの移管を検討する。日本勢が世界シェア上位を占める複合機はトランプ米政権による中国への制裁関税「第4弾」の対象となった。業界首位のリコーも移管を決めており、中国離れの動きが加速しそうだ。

米国の対中関税「第4弾」は最大25%の関税を課す内容で、6月末以降…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報