2019年6月24日(月)

各国利害絡み 会長案幻に

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

インファンティノ会長が主導した計画は幻となった。出場枠の拡大と周辺国との共催へと動いていたW杯カタール大会は、当初の予定通りに単独開催で32チームによる方式となる。

FIFAが公表した文書には「現在の状況では(共催は)実現できないとの結論に達した」とある。カタールと断交状態にあるサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン。その政治的緊張を、世界的なスポーツであるサッカーを通じて雪解け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

18年ロシア大会ではフランスが優勝した

22年W杯、32チームで FIFA、出場枠拡大を...[有料会員限定]

2019/5/23付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報