/

この記事は会員限定です

自らの独走抑え、透明性確保

アサヒグループホールディングス 小路明善社長兼CEO(下)

[有料会員限定]

「一定の期間、業績が基準を下回れば、社長を解任する」。アサヒビールを擁するアサヒグループホールディングス(GHD)の社長兼最高経営責任者(CEO)、小路明善氏(67)は、自らの独走を抑える仕組みを導入した。大型M&A(合併・買収)で傘下に収めた外国企業も含めてグループ2万8000人に育った組織を率いるリーダーとして、こだわるのはその透明性だ。

――ガバナンス(企業統治)改革に取り組み、3月の株主総会で代表取締役を会長・社長の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン