2019年6月27日(木)

男性にも刺さる「りぼん」 社会的テーマで呼ぶ共感
続漫画サバイバル(3)

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

少女マンガの存在感が高まっている。けん引役は集英社の「さよならミニスカート」など社会的なテーマを取り入れ、従来のファン層以外にも共感を広げた作品だ。少女マンガ誌を"卒業"した女性や、手に取ることをためらっていた男性にも食い込んでいる。少女マンガは低迷するマンガ界の起爆剤になるか。

「あんたらみたいな男のために履いてんじゃねえよ」

2018年9月号から集英社の王道少女マンガ雑誌「りぼん」で連載が始…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。