2019年6月26日(水)

協和精工、残業減らすと特別手当
働き方改革推進 削減率高いほど手厚く

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

産業用ロボット部品メーカーの協和精工(長野県高森町)は、各従業員の残業時間の削減に応じて特別手当を毎月支給する新制度を導入した。削減時間が長いほど手厚く報いる仕組みだ。働き方改革の推進などで減少した残業代の一部を還元することで、従業員の労働意欲を高め、一層の生産性向上などにつなげていく。

新制度では各従業員の2017年12月~18年5月の1カ月平均残業時間と給与支給月の残業時間を比べ、削減率を算…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報