財政赤字容認論MMT、政府と日銀警戒
米提唱者「日本が実証例」 増税絡み火消し躍起

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インフレにならない限り財政赤字の膨張は問題ないとする学説の「現代貨幣理論(MMT)」に政府・日銀が警戒を強めている。米国の提唱者が巨額の債務を抱える日本を「実証例」とするが、財政健全化の路線とは正面から対立する議論だからだ。足元では景気が曇り、財政支出を求める声が出やすい。消費税の増税にも絡むだけに、関係者は火消しに躍起だ。

5月の大型連休後、日銀の黒田東彦総裁が国会でたびたびMMTへの見解を問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]