ローン担保証券で突出

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

農林中央金庫の運用が世界的に関心を集めている。とくに格付けが低い企業への融資をまとめて証券化したローン担保証券(CLO)では保有額が突出し、市場の「クジラ」となっているためだ。

市場推計では2018年末時点で約8千億ドル(約88兆円)のCLO全体のうち、約1割を国内勢が保有。なかでも農林中金は別格だ。前期末の保有額は約7兆4千億円と2年前の約2.5倍になった。市場では「発行額や時期は農林中金次第…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]