2019年6月25日(火)

大機小機続・平成経済の反省

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

前回(4月19日の本欄)に続いて平成時代の反省を続ける。今回指摘したい重要な反省点の一つは、政治が民意に引きずられ過ぎたことだ。その例は多い。

1990年代初頭のバブル末期には「地価の上昇で、一生かけてもマイホームが手に入らない」という民意の不満が高まった。これを受けて、土地関連融資の抑制という劇薬が施行され、公定歩合も繰り返し引き上げられた。こうした「バブルつぶし」の政策はバブルが崩壊し、経済…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報