2019年6月17日(月)

作り手への分配に課題

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コンテンツのデジタル化で大きな恩恵を受けたのが巨大な配信網を握る米アップルなどのプラットフォーマーだ。自社サービスへの参加者を増やし、消費者のデータも蓄積する。一方、人気歌手が定額配信に楽曲を提供しないケースもあり、恩恵の分配に課題を残す。

著作権料はCD販売では1曲ごとに一定比率が創作者に支払われた。定額配信ではサービス事業者や会員数、広告収入などによって分配比率を出すなど計算式が異なる。日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

コンテンツ産業、復活劇の死角[有料会員限定]

2019/5/23付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報