2019年6月24日(月)

新興国債務に課題 IMF副専務理事「国際的な把握を」

2019/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国際通貨基金(IMF)の古沢満宏副専務理事=写真=は、6月の20カ国・地域(G20)財務相会議を前に日本経済新聞の取材に応じた。新興国で債務が積み上がっており、国際的な債務に関するデータベースの拡充に前向きな姿勢を示した。「債務国だけでなく貸し手側の国にもメリットがあるだろう」とし、各国が協調して債務の持続可能性を確保すべきだとした。

IMFは2019年の世界経済の成長率見通しを18年と比べ0.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報