/

この記事は会員限定です

もろ刃の対中関税 米百貨店、利益下振れ

膨らむ調達コスト

[有料会員限定]

【ニューヨーク=高橋そら】米小売業界でトランプ米政権による対中制裁関税の引き上げへの警戒感が強まっている。13日に正式発表した対中関税の「第4弾」の対象品目は4割を消費財が占める。調達コストの増加でファッション関連商品や家具などを多く扱う百貨店やホームセンターの先行きには不透明感が広がり始めた。

「対中関税の引き上げは家庭用品や服飾品の調達に影響を与える」。米百貨店大手コールズのブルース・ベサンコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン