/

この記事は会員限定です

農協改革、今後の課題は? 「金融事業リスク対応を」

規制改革推進会議・議長代理 金丸恭文氏

[有料会員限定]

政府の規制改革推進会議は農業協同組合や漁業権制度などについて抜本改革を提言してきた。農協改革は2019年度から本格的にスタートする。改革の進捗をどう評価するのか、同会議の議長代理で農林、水産両部会(ワーキンググループ)を統括する金丸恭文氏に聞いた。

――農協が混乱なく改革を進めるための準備期間が3月に終わりました。現状をどうみますか。

「全国農業協同組合連合会(JA全農)が小売り大手から幹部をス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン