買収防衛策 廃止相次ぐ
ピーク時比4割減、「経営者の保身」投資家反対

2019/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本製鉄や三菱地所など買収防衛策を廃止する上場企業が相次いでいる。M&A(合併・買収)助言のレコフによると21日時点で買収防衛策を導入する企業は342社と2018年末に比べて44社減った。年間の減少数としては最大。導入数はピークだった08年と比べ4割減となる。買収防衛策は経営者の保身につながるとの批判が強い。株主総会での反対票の増加が廃止を後押ししている。

「国内外の機関投資家の意見に変化が見ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]