2019年6月20日(木)

銘柄診断商船三井 一時4%安 投資判断下げ、売り材料に

2019/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

21日の東京株式市場で商船三井株が反落し、一時115円(4%)安の2456円まで下げた。前日にSMBC日興証券が投資判断を「買い」から「中立」に引き下げたのが弱材料視された。米中貿易摩擦の先行き不透明感から、今期の業績に対する懸念が膨らんでいる。

終値は102円(4%)安の2469円だった。SMBC日興は商船三井の2020年3月期の経常利益の予想を前回(18年12月)から90億円引き下げ480億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報