2019年6月18日(火)

「IT技術で省力化を推進」 宮池克人社長に聞く

2019/5/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東名高速道路の全線開通から26日で50周年を迎える。50年前と比べて日本の少子高齢化は急速に進む一方、人工知能(AI)などの先端技術は大きな進歩を遂げた。元号は令和に代わり、新たな時代の高速道路はどうあるべきか。中日本高速道路(名古屋市)の宮池克人社長に聞いた。

――東名高速道路が50年間で果たした役割をどう考えますか。

「経済波及効果は60兆円ともいわれる。東京、大阪、名古屋をつなぐ日本の大動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

東名の渋滞解消は深刻な課題

中日本高速 渋滞通過予測、1分単位に[有料会員限定]

2019/5/22付

東名高速全線開通50年 経済効果60兆円[有料会員限定]

2019/5/22付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報