2019年6月18日(火)

労働供給の「伸びしろ」指標 日本、先進国で最低

2019/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

労働供給の余力を示す指標を調べたところ、日本は先進国で最低レベルであることが分かった。雇用情勢の回復で就業希望者のほとんどが仕事に就けているといえるが、労働供給の「伸びしろ」は少ない。総務省が公表した2019年1~3月期の未活用労働率は6.1%だった。海外の未活用労働率は米国やドイツが8%程度、英国は10%程度だ。

未活用労働者とは仕事があってももっと働きたいと考えている人、求職活動はしていない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報