/

この記事は会員限定です

FRB、米企業債務を警戒

過去最大1700兆円 信用収縮リスクも

[有料会員限定]

【ニューヨーク=後藤達也】米企業の借金の膨張へ警戒感が広がっている。低金利を背景に残高は15兆ドル超(約1700兆円)と過去最大に膨張しており、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は20日の講演で「経済が減速すると高水準の債務が借り手を圧迫しうる」と述べた。2000年代半ばの住宅バブルと比べ規模は小さいが、構図は重なる面もあり、信用収縮の火種となる可能性も意識されている。

パウエル議長は講演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン