中小型株 海外主導に
値動き変える 長期マネー

2019/5/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

相場全体の膠着感が強まる中、東証2部や新興市場といった中小型株市場で海外投資家の存在感が高まっている。世界景気の減速懸念が高まる局面で、内需中心の安定成長が見込める中小型株が買われるのはいつものこと。ただ、足元では少々異なる面もある。成長期待の高い銘柄に年金などの中長期マネーが向かっているのだ。個人投資家の短期売買が中心だった中小型株に変化の兆しが表れている。

21日に注目を集めたのはバイオベン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]