/

この記事は会員限定です

患者らの情報流出か

都外郭団体 医師PCに不正アクセス

[有料会員限定]

東京都の外郭団体である都保健医療公社は21日までに、多摩北部医療センター(東村山市)に勤務する男性医師のパソコンとメールアカウントが不正アクセスを受け、患者情報が流出した可能性があると発表した。患者や医療従事者ら計3671人分の氏名、生年月日、検査情報、症状などが含まれていた。

15日から16日にかけて、不正アクセスにあった男性医師の端末内の情報を利用してスパム(迷惑)メールを送りつける攻撃が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン