2019年6月20日(木)

国際音楽祭「教育」うたう
集客、著名人頼み脱却 地域貢献重視

2019/5/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

1980年代から全国各地に広がったクラシックの国際音楽祭が大きく変わってきた。以前は海外の著名音楽家を招いて知名度を高め、目玉にしてきたが、教育など地域貢献へと軸足を移す。

今月12日、宮崎市郊外の宮崎県立芸術劇場で、中学生から大学院生まで4人の奏者が舞台に立った。1996年に始まった宮崎国際音楽祭のプログラム「新星たちのコンサート」だ。

4人中3人はバイオリン奏者。北海道の中学生、平野友葵はヘ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報