2019年6月20日(木)

照らす色自在、異物見逃さぬ小型検査機器
サムテック・イノベーションズ

2019/5/21付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

異物検査装置の開発を手掛けるサムテック・イノベーションズ(岡山県津山市)は、フルカラーの発光ダイオード(LED)を使った細胞観察向けの小型検査機器を開発した。検査対象に応じて様々な色の光で上下から照らすことで、異物混入や異常などを目視で確認しやすくできる。8月に発売する予定で、主に食品や医療の研究機関向けに売り込む。

新しい検査機器「Baby Saia」は直径18センチ、高さ40センチの円柱状で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報