/

この記事は会員限定です

今期の最終損益 企業見通し 8割で市場予想下回る

経営者、米中にらみ慎重

[有料会員限定]

業績の先行きを巡り、企業の慎重姿勢が目立っている。2020年3月期の業績予想では8割の企業で最終損益の見通しが事前の株式市場の予想を下回った。米中貿易摩擦の激化などで、中国や米国経済の頭打ちなどへの警戒が強い。低水準の会社予想は市場予想の切り下げにつながることが多く、株式相場の重荷となる可能性がある。

日本経済新聞社が、3社以上のアナリストが業績予想を公表している銘柄を対象に調査した。決算発表前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン