2019年6月17日(月)

九州・沖縄企業、経常益9%減 上場53社の前期
インフラ系、人件費や老朽対策で費用増

2019/5/21付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

九州・沖縄企業の業績が足踏みしている。20日に出そろった上場53社の2019年3月期決算で、経常損益の合計は前の期比9%の減益だった。約半数の企業は増収・損益改善と健闘したが、エネルギー、鉄道といったインフラ企業が老朽対策や人件費増で苦戦。製造業も中国経済の減速などで2ケタ減益になるケースがあった。今期も海外経済の変調やコスト増への対応を迫られそうだ。

前の期と比較できる九州・沖縄に本社を置く上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報