2019年6月25日(火)

日本の製造業、人権・環境重視 OECD指針受け厳しく 取引先にも順守求める

2019/5/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

電機や精密など日本の製造業が、原料や部品の調達先や取引先を含むサプライチェーン全体で人権、良好な労働、環境を守る体制づくりに乗り出した。経済協力開発機構(OECD)が2018年に新しい方針を示し、欧米では取り組みが不十分だと取引が打ち切られる可能性が出てきた。海外展開に影響が出ないように対策をとる必要が生じている。

OECDは18年、グローバル企業に人権、環境、雇用など幅広い分野で責任のある行動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

投資マネーの動向も背景に[有料会員限定]

2019/5/20付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報