2019年6月20日(木)

米制裁 ドル離れ招く ロシア・イラン、代替決済探る

2019/5/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】人民元建ての決済が広がる要因の一つに、米国が繰り出す金融制裁がある。ロシアやイランは制裁の影響を回避するため米ドルに依存しない決済手段を模索する。中国独自の国際決済システムの普及は、長期的には基軸通貨ドルの地位を揺るがす可能性がある。(1面参照

2018年12月、中国東北部・黒竜江省東寧市。地場の竜江銀行から2200万元(約3億5千万円)の人民元紙幣が運び出され、ロシアとの国境…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報