/

この記事は会員限定です

次世代ロボなど輸出規制

政府検討 中国念頭、米と足並み

[有料会員限定]

政府は人工知能(AI)やロボットに使う次世代技術を輸出規制の対象にする検討に入った。安全保障の観点から部品や素材などの輸出を規制する仕組みはあるが、最新の技術分野まで範囲を広げる。米国が中国を念頭に置いて次世代技術の輸出規制の強化に動いており、日本も足並みを合わせて管理を厳しくする。

日本の輸出規制では外為法で技術流出を防止する仕組みがある。現在は核兵器やミサイル、生物・化学兵器などに転用が可能な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン