/

この記事は会員限定です

給与の原則現金払い、事業者絞り緩和へ

厚労省、キャッシュレス対応

[有料会員限定]

給与の支払い方法については労働基準法で規制され、原則は現金の直接払い、労働者の同意があれば銀行口座への振り込みが認められる。銀行口座が独占的な地位にあるのが実情だが、国がキャッシュレス化を推し進めるなか、給与も電子マネーなどで支払えるよう規制見直しの動きが出始めている。

厚生労働省は規制緩和に向けて、労働政策審議会での議論を検討している。電子マネー全般ではなく、まずは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン