2019年6月19日(水)

彩時季木の芽 食欲誘う爽やかな香り

2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本料理の薬味やあしらいに重宝される木の芽が旬を迎えている。食欲を誘う爽やかな香りが印象的な木の芽は、サンショウの若芽。ミカン科の落葉樹で、実がつくだ煮や煮物などに使われる。

日本全土に自生している。果実はピリッとした辛みが特徴だが、木の芽に辛みはなく、主に香りを楽しむ。手のひらにのせて軽くたたくと葉の上の「油点」が壊れ、油とともにより香りが立つ。春の味覚の代表であるタケノコの若竹煮に添えると彩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報