/

この記事は会員限定です

消費者庁、徳島の拠点拡充

国際共同研究に活用

[有料会員限定]

消費者庁は徳島県にある拠点を拡充する方針だ。現在50人いる人員を最大で70人程度に増やす方向だ。国際共同研究や、消費者行政に携わる人材の交流の場として活用する。徳島県が求めていた消費者庁の全面移転は見送る方向だ。

政府は地方創生の一環で国の機関の地方移転を進める方針を掲げている。消費者庁は2017年7月に徳島県庁内に政策研究拠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン