2019年6月17日(月)

Asia300百度 「中国3強」脱落も
1~3月、上場来初の赤字 「検索頼み」に限界

2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【重慶=多部田俊輔】中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)が16日(米国時間)発表した2019年1~3月期の最終損益は3億2700万元(約50億円)の赤字だった。スマートフォン(スマホ)への対応に遅れ、2005年の上場以来、四半期ベースで初の赤字に転落した。中国での検索シェアは約70%まで下落し、検索結果の自社サービスへの誘導も利用者の反発を招いた。

百度はアリババ集団騰訊控股(テンセ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

AI企業へ転換狙う[有料会員限定]

2019/5/18付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報