/

この記事は会員限定です

高速道自動運転、来年実現へ前進

「レベル3、4」想定の改正法成立 過疎地の移動手段補う

[有料会員限定]

自動運転の安全基準を定める改正道路運送車両法が17日、成立したことを受け、自動運転の普及に向けた環境が整ってきた。交通事故の減少や地域の足の確保など期待される役割は大きい。自動車メーカー各社も技術開発を急いでおり、2020年にはまず高速道路や過疎地から実用化が始まる見込みだ。

政府は20年をめどに自動運転を実用化する目標を掲げている。高速道路では緊急時に人が操作する「レベル3」、過疎地など限定さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン