設備投資 15社中8社増額 4県上場企業の今期
三浦工業24%増 四国化成、来期以降も攻勢

2019/5/21付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

四国の上場企業で設備投資を増やす動きが目立つ。2020年3月期には広告業や研究開発型企業などを除く15社のうち、ボイラー大手の三浦工業や四国化成工業など8社が増額を見込む。兼松エンジニアリングも投資額は横ばいながらも高知市内での新工場建設の大型投資が決まっている。国内外での積極的な設備投資で競争力を高め、事業拡大を目指す。

金融業を除く3月期決算の上場18社(2社は非連結)のうち、最終損益予想を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]