2019年6月26日(水)

金高・銀安鮮明に 26年ぶり格差
銀、産業用途が低迷 景気懸念強まれば拡大も

2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

貴金属市場で銀の割安感が強まっている。需要の6割を占める電子部品など産業用の需要が鈍いうえ、世界の在庫が高水準に積み上がっているためだ。一方、投資需要が多く「安全資産」とされる金の相場は底堅い。金銀の格差は26年ぶりの水準に広がった。米中対立の激化などで世界景気減速への警戒感が強まれば「金高・銀安」が一段と鮮明になりそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

金、昨年2月以降割高続く[有料会員限定]

2019/5/18付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報