有名書店員が練る新戦略 実店舗 アプリ活用で活性化

2019/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

カフェや雑貨販売を兼ねた書店を運営するリーディングスタイル(東京・千代田)が独自の戦略を進めている。同社は取次大手、大阪屋栗田(大阪市)の子会社。強みである全国各地の書店との広いネットワークを生かして、実店舗やアプリ開発に力を入れる。

戦略の一環として地域の有名書店員を引き抜いた。3月から親会社の大阪屋栗田に新しく加わったのが老舗書店であるさわや書店(盛岡市)で活躍した長江貴士氏だ。名物の店頭販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]