/

この記事は会員限定です

5月20日 エイズの原因ウイルス 仏研究者らが発見

[有料会員限定]

1983年5月20日、仏パスツール研究所の研究者リュック・モンタニエ氏らがエイズの原因ウイルスを発見したと米科学誌サイエンスで発表した。モンタニエ氏らはこの功績で2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1981年に米国で初のエイズの症例が報告された後、エイズは病原体が不明で有効な治療法のない死の病として恐れられた。エイズウイルス(HIV)は、白血球に感染することで免疫のしくみを破壊し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン