2019年7月21日(日)

話題の株チェンジ 財務改善狙い公募増資 1株利益の希薄化 嫌われる

2019/5/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

16日の東京株式市場で、企業向けIT(情報技術)支援のチェンジ株が制限値幅の下限(ストップ安)まで売られた。15日の取引時間終了後に公募増資と自社株の売り出しを発表し、株式需給の悪化や1株利益の希薄化を嫌気した個人投資家などからの売りが膨らんだ。

朝方から売りが殺到して気配値を切り下げ、ストップ安となる18%(700円)安の3095円で取引を終えた。

15日に公募増資で160万株、大株主らが保有…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。