/

この記事は会員限定です

武田社長「次は消化器薬売却」

非中核事業の整理加速

[有料会員限定]

武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は日本経済新聞社の取材に応じ、アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で膨らんだ製品群について「非中核事業の資産売却を今後も進めていく」と語った。第1弾としてスイスのノバルティスに眼科薬を売却するが、次の候補について「シャイアーの消化器疾患治療薬を売却する」とし、売却先を探していることを明らかにした。

2020年3月期の連結最終損益(国際会計基準)は3800億円の赤字を見込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン