2019年6月25日(火)

米中摩擦・増税に懸念

2019/5/17付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

景気の先行き不透明感が強まりつつあるなか、静岡県内企業からは米中貿易摩擦や消費増税による影響を懸念する声が出ている。

「(米中貿易摩擦を)非常に厳しくとらえている」。日本プラストの豊田剛志執行役員はこう話す。同社は米国と中国で利益の6割を稼いでいる。「米中摩擦が激化すれば、相当な影響が出かねない」と今後の行方を注視する。

浜松ホトニクスは2019年9月期の連結業績予想を下方修正した。「景気悪化で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報